避難所運営の全体の流れ

◆ 避難所運営の全体の流れ (2017.12.5新設)

初動期における避難所運営の全体の流れを、解説します。
避難所を開設し、避難者を受け入れて運営するまでの流れには、大きく2段階有ります。

● 避難者待機中に行う事
  まず、避難者を受け入れるための準備が必要です。
● 避難者を受け入れてから行う事
  避難者受入れから、避難生活グループの編成までの作業が有ります。

◆◆ 避難者待機中に行う作業 (2017.12.5新設)

発災後、家屋が倒壊した人たちは、避難所に向かいます。発災直後は、避難所の準備が出来ていませんので、早急に避難所を設営する必要が有ります。
また、避難者受け入れ開始後は、避難者名簿作成の質問、各種問合せ、避難者の誘導、避難所設営残作業の推進等、「避難者への対応は、待った無し状態になります」ので、準備作業を出来るだけ的確・迅速に行う必要が有ります。

避難所開設前に到着した避難者の方は、(雨が降っていなければ)一旦校庭に(出来れば自治会毎に)集合してもらうようにします。雨天・荒天の場合には、比較的安全な場所を選び、整列して待機してもらうようにします。この時点では、体育館の使用可否は未定のため、仮の誘導も出来ません。

1.関係者の参集と避難所施設の開錠
  (1)関係者の参集
  (2)避難所施設(校門、校舎、備蓄倉庫、体育館)の開錠
2.避難所開設組織の設置
  (1)避難所責任者の確定
  (2)避難所開設委員の選任
3.避難所施設の安全点検
  (1)避難所施設の状況調査(体育館、トイレ、水道、電気)
  (2)危険個所の確定
4.避難所開設連絡
  (1)安全確認後、避難所開設を災害対策本部へ連絡
5.避難所開設
  (1)受付の設置
  (2)避難所(体育館)のスペース割当て
  (3)立入禁止区域の設定・表示
  (4)(必要に応じ)仮設トイレの設置

◆◆ 避難者受入れ後の作業 (2017.12.5新設) (2017.12.17更新)

1.避難者受入れ
  (1)住民による簡易トリアージの実施
  (2)避難者名簿の記入依頼
  (3)避難者名簿の回収と特殊事情の聴取・確認
  (4)「避難所利用規則」の要点説明
2.避難者名簿の作成と避難者数集計
  (1)世帯別避難者名簿の作成・確認  ※個別名簿は、避難者作成。
  (2)各種集計表の作成(男女別、医療機関への転送必要者数、妊婦数、等)
  (3)定点時の避難者数集計
3.避難所運営委員会の設置
  (1)避難所運営正副委員長の選出
  (2)総務・食糧物資・生活環境の各部長・副部長選出
4.部・班(生活グループ)の編成・活動