楽山大仏


峨眉山から車で約1時間程の所に有る凌雲山西岸壁に彫られた楽山大仏は、世界最大の石刻大仏だそうです。台座込みで、高さ71m、頭部の幅が10mも有り、岷江の船から見ないと全体が見えません。東大寺大仏は、高さ約15mですから、本当に大きい。

大仏は、岷江の氾濫を鎮めるため713年(唐時代)から約90年間かけて作られたものだそうです。大仏は、凌雲時の本尊:弥勒菩薩として彫られたものと言われています。また凌雲山自体が、寝釈迦仏の姿になっていると言われます。